プラグインを使いこなそう

プラグインは絶対に使用すべし

WordPressをインストールしテーマを決めた後は、記事を書き始めようと意気揚々と「投稿ページ」を開くと思いますが、高度なエディタ機能などは、プラグインを使用しないと得られません。記事を書く際に少しでもストレスが発生すると記事の作成もままならなくなります。WordPress標準機能で足りない機能は、プラグインで賄いましょう。自分でHTML文を書いたり、PHP/CSSで何とかする方法もありますが、あなたが一番したいのは、記事を作成することではないでしょうか?余計な手間をかけている暇があったら、記事作成に時間をかけたほうが有意義な時間となるでしょう。

おすすめのプラグインは?

筆者が使用しているプラグインを紹介します。

このWebサイトレベルでいいのであれば、下記のプラグインのみで運用できます。

プラグイン 説明
Yoast Duplicate Post 投稿ページや固定ページを複製できます
Easy Table of Contents 投稿ページに目次を自動挿入します。投稿ページの見栄えが一段高くなるので、おすすめです
Google XML Sitemaps Google社にサイトマップを提供し、このWebサイト内のコンテンツを検索エンジンに通知します
Query Monitor WordPressのバージョンやMySQLのバージョン、PHPバージョンを調べたりするのに使用しています
Simple Custom CSS and JS Custom CSSやCustom JS等をこのプラグインで一括管理できます
Advanced Editor Tools(旧名:TinyMCE Advanced)

文字修飾を行う際に使用しています。定番のソフトです

WordPress Popular Posts

投稿ページのランキングを確認するのに使用しています。

AddQuicktag

文字に装飾の枠を簡単につけるために使用しています。

EWWW Image Optimizer

画像内にあるExif情報などの個人情報を自動削除するために使用しています

Google Analytics Dashboard for WP (GADWP)

WordPress上から、Googleアナリティクスの情報を簡易操作で見るために使用しています

WP Sitemap Page

本ブログのサイトマップページを作成するのに使用しています(投稿するたびに自動でサイトマップが更新されます)

Broken Link Checker

投稿ページ、固定ページ内のリンク切れを確認するために使用しています。

Site Kit by Google

Google アナリティクス、Search Console、Googleアドセンスを一元的に管理するために使用しています。

Ad Inserter

アフィリエイトリンクを投稿ページに自動挿入する際に使用しています。サイドバーは、表示が乱れる現象が発生したので、Diverテーマの広告ウィジェットで表示しています。

Spam Destroyer

スパムコメント対策のためのプラグイン。

All-in-One WP Migration

WordPressを移行するときに使用するためのプラグイン。
バックアップツールとしても使用できます。

JetPack

記事投稿する際に自動的にtwitterにつぶやいてくれる用途で使用。ページアクセスの統計情報も取得して、参考程度に見ている。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事