ピックアップ
記事への流入数はほぼページタイトルで決まる

今までブログで100個ほど記事を書いてきたが、ある程度の傾向がわかりつつある。それは、記事への流入数は、ほぼページタイトルで決まるということだ。

流入数が多かったページタイトル

例えば、最近以下の2つの記事を出したが、正直あまり記事の内容的にはそこまで作り込んだつもりはなく、簡易的な記事にしたつもりだ。それにも関わらず、ほかの記事と比較すると、記事への流入数が多く驚いている。
ページタイトルを匂わせる感じのタイトルにしたから、記事への流入が多かったのではないかと思われる。そのとき、みんなが知りたいこと興味あること(釣りワード)をページタイトルに入れ、思わせぶりなタイトルにすると、記事への流入が多くなるみたいだ。

流入数が少なかったページタイトル

たとえば、結構作り込んだつもりの以下の記事は、ページタイトルが普通だったからか大して記事への流入数はなかった。

筆者からすると、作りこんだ記事へそれなりの流入があると嬉しいのだが、ページタイトルが微妙だったから、みんなの興味を引けなかったようだ。

ページタイトルだけでなく記事の中身もきちんと作ろう

ここまで説明してきた通り、ページタイトルを装飾したり釣りワードを仕込むと記事への流入数が多くなる。
記事の流入数を多くしたい場合は、ページタイトルに力を入れて取り組むようにしたほうがいい。ただし、常に釣りワードだらけの記事を書くといずれ叩かれるので、ページタイトルだけでなくきちんと記事の中身も作り込むようにした方がいいと思う。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事