家庭用NASのススメ

家庭用にもNASを進める理由

筆者は、2012年頃から家庭用にNASを導入しているが、どの家庭にもNASを導入することをお勧めする。

家庭用NASをお勧めする理由としては、いくつかあるが以下のようなことがあげられる

  • データをパソコンと切り離せる(パソコンが壊れても大丈夫)
  • RAIDを構成しハードディスク1台が壊れても大丈夫な状態にできる
  • スマホ、タブレットから常時参照できる

筆者は、NASを3台所持しているが、たいていの方は1台で大丈夫で、データがなくなることが怖い人はバックアップ用に2台にするといいだろう。最近のNASは、NAS間でデータバックアップできる機能が搭載されているため、NASが2台あれば自動的にデータをバックアップできるようになっている。

家庭用NASの使用用途

家庭用NASが本当に必要かという人もいるかと思うので、筆者が家庭用NASで使用している用途を列挙しておく。参考になれば、幸いだ。

  • パソコンのバックアップ(Apple TimeMachine)
  • ファイルサーバ(あらゆるデータを格納している)
    • ブログの画像データ保管
    • ブログのバックアップデータ保管(public_htmlフォルダなど)
  • スマホ、タブレットからのファイル参照(インターネット経由でファイルアクセス)
  • スマホ、タブレットからの動画参照
  • 仮想マシンの実行(Windows)

などなど、最近のNASは高度化しており、NAS単体で様々なことができる。
NAS自体は、もっといろんな機能を持っているが、筆者が使いこなしているのは、上記機能だけだ。
興味がある人は、もっといろんな機能を持っているため、試してみてもいいだろう。

NASの構成

筆者のNAS構成を記載しておく。ここまでの構成を取る必要はないが参考に乗せておく。

プライマリNAS:TS-459 Pro II
パソコンバックアップ用NAS:TS-110
ファイルバックアップ用NAS:SS-453 Pro

プライマリNAS→ファイルバックアップ用NASにNASの機能を利用して、ファイルバックアップしている
パソコン、Mac→パソコンバックアップ用NASにパソコンのOSイメージをバックアップしている

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事