ピックアップ
ドメイン名を決めよう

ドメインとは

みなさんは、Webサイトにアクセスするとき、どのようにアクセスするでしょうか。

たいていの人は、検索サイトやSNSで通知されたURLリンクからアクセスしているのではないでしょうか?

普段意識することなく、リンクをクリックしているかもしれませんが、URLリンクの数だけ、ドメインがあり、Webサーバーがあるのです。

Webサーバーとドメインの関係性について、画像を交えつつ説明します。

ドメインとWebサイトの関係

上の画像には、左に「toushigurashi.com」と文字列があります。こちらがドメイン名になります。

そして、右側にWebサイトが表示されています。こちらが、Webサーバになります。

このブログもそうですがWebサイトは、ドメイン名とWebサーバを組み合わせることにより、インターネットから参照することができています。

Webサイトにアクセスする流れ


大富豪
大富豪
まずは、調べたいことを検索サイトに入力じゃ(カタカタ)

なにを調べているんですか?(わん)
いぬ
いぬ

大富豪
大富豪
パソコンで投資について調べているのじゃよ(ENTER)
ふむふむ検索サイトに「投資」と調べたら、いっぱいリンクが出てきたぞ。。。どれにしようか。

いっぱいあるが「投資ぐらし」というサイトにアクセスしてみようかの
大富豪
大富豪

下に小さい文字でURLリンクが記載しているよ。
(https://toushigurashi.com)
いぬ
いぬ

大富豪
大富豪
ふむふむ。いろんなことが書かれているな。どれから読んでいこうかな。。。

ドメインについての整理

ポイント
  1. インターネットから特定のWebサーバにアクセスする際に必要になるインターネット上の住所
  2. 普段意識していないが、検索サイトやSNSから通知されたURLリンクを必ず使用している
  3. インターネットにWebサイトを公開するには、「ドメイン名」と「Webサーバ」が必要

ドメイン名の取得方法

インターネットにWebサイトを公開するために、ドメイン名を取得することにしましょう。

ではまず何から始めたらいいでしょうか。

まずは、ドメイン名を決めてください

ドメイン名を決める

ドメイン名は、管理組織により階層化されており、あらかじめ文字列が決められているところ、自身で文字列を決めれるところの2種類があります。

このブログを例に説明します。このブログは以下のドメイン名となっています。

 toushigurashi.com

自身で文字列を決められるところと決められないところを分けると以下のようになります

 toushigurashi ⇒ 自身で決められる

 .com     ⇒ 自身で決められない

それぞれ以下のように分類されています。

 toushigurashi ⇒ セカンドレベルドメイン

 .com     ⇒ トップレベルドメイン

「.com」ドメインの場合は、セカンドレベル階層に独自ドメイン名を登録するように管理組織により決められているため、セカンドレベルに自身が決めたドメイン名を登録することが可能です。

では、「.co.jp」ドメインの場合どのように変わるでしょうか。以下のようになります。

 toushigurashi.co.jp

 toushigurashi ⇒ サードレベルドメイン

 .co      ⇒ セカンドレベルドメイン

 .jp      ⇒ トップレベルドメイン

1階層深くなりましたね。ただし、決められるのは、同じく一番最初の文字列(toushigurashi)だけです。

ドメイン名の決め方

まずは、ドメイン名の中でも自身で決められる独自ドメイン名を決めましょう。

「toushigurashi.com」の「toushigurashi」の部分です。

こちらの文字列は、.comドメイン内で重複した名前はつけられないため、今まで.comドメインに登録されたことがない一意の名前にする必要があります。

重複した名前となっていないか確認する場合は、ドメイン取得サービスを提供している会社のWebサイトで確認するのが手っ取り早いでしょう。以下のいずれかのリンクのサイトの検索ボックスに自身が決めた独自ドメイン名を打ち込んで重複していないか確認しましょう。

お名前.com:https://www.onamae.com/

ムームードメイン:https://muumuu-domain.com/

バリュードメイン:https://www.value-domain.com/searchdomain.php

上記ドメインで、自身で決めた独自ドメインを入力すると、いろいろなドメイン名の料金が出てきたと思います。.comドメインは安い、.co.jpドメインは高いなどなど。。。

知名度が低いドメインほど安くなっていると思いますが、知名度が低いほど怪しいドメイン名だと思われ、自身のWebサイトに訪問してくれる人が少なくなるので、あまり知名度が低いドメイン名は選ばないようが無難だと思います。

値段と知名度の高さのバランスを考えて、このブログでは.comドメインにしています。

ドメイン名を決めたら、どのドメイン取得サービスでドメイン名を取得するか考えましょう。どのドメイン取得サービスも年額で数百円から千円ちょっとしか変わらないので、気軽に選びましょう。サービスごとで使い勝手は多少変わりますが、最終的にWebサイトにアクセスするうえで支障はありませんので、どのドメイン取得サービスでも大丈夫です。WHOIS登録代行など別途費用が掛かるドメイン取得サービスがあるため、その点は注意してください。

ちなみに、筆者は以下のサイトを参考にして選びました。

 https://mamewaza.com/support/blog/domain-registrar.html

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事