スマホの執筆とパソコンの執筆の違いと記事の内容について

スマホで執筆する場合

筆者は、スマホとパソコン両方で執筆するが、スマホとパソコンで書く時は、書いた文章に違いがあると感じるようになってきた。
スマホで執筆する時は、文章に感情がおり混じる割合が多い気がする。感情がこもった文章というか、その時思っていた感情が文章にのるというか、結構思ったことを直接書くことが多い気がする。

パソコンで執筆する場合

一方パソコンで書く際は使う脳が違うのか、論理的なものの書き方をすることが多く、最初から道筋を立てて論理的に書くことが多い気がする。
そのため、幾分かは執筆の手が止まることが多く、あまりスムーズにかけないことが多い。
これはデバイスがどれだけ人に溶け込めているかと言ったデバイスの特性なのかもしれないが、不思議なものだ。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事