ブログは頑張りすぎないくらいが丁度いい
筆者がブログの記事を書いていく上で大事にしていることがある。
それは、頑張りすぎないことだ。
ブログを個人レベルで運用している場合、ブログ運営に必要なのはやる気とほんのちょっとだけのお金だけだ。
やる気がなくなると記事を作成することがなくなり、結果としてブログが停滞してしまう。
そうならないためには、過度に自分にプレッシャーを与えずに運用していく必要がある。
プレッシャーにはいくつか種類があって、筆者の場合は下記のプレッシャーをいずれもかけないようにしている。
・記事の量
・記事の質
・記事のチェック
ひとつずつ説明していく。

記事の量

記事は、書こうと思えばいくらでも文字を書くことができる。100文字でも、5,000文字でも書けてしまう。文字が多いことにより多くの情報量を読者に与えることが可能だが、ただあまりに多くの文字を書いてしまうと単純に記事を書く時間がかかるし、文字数が多いことにより最終的に主張したいことが不鮮明になってしまうかもしれないし読者が途中で読むのをやめてしまうかもしれないしでいいことばかりではない。そのため、最近筆者は伝えたいことを少ない文字数で簡潔に書くことにしている。もし、伝え足らないことがあったら、また別記事で書いて、後日リンクを貼ってあげればいいだけだ。

記事の質

記事の質は、インターネットに公開する以上、ある程度日本語としておかしくないレベルには書く必要はあるが、必要以上に言い回しを気にしたりはしないようにしている。センシティブな題材を記事にする場合は言い回しにも注意した方がいいが、筆者はあまりセンシティブな内容が含む記事は書かないようにしているので、ある程度の日本語で簡潔に書かれていればいいと思っている。

記事の確認

筆者のブログは、あくまで個人で運用しているブログに過ぎない。記事の題材探し・記事の作成・記事の確認まで1人で行なっている。そのため記事の確認に膨大な時間をかけることはできず、記事を確認するぐらいならもっと新しい記事を書いていく必要があると思っている。そのためには、日本語的におかしくないかのチェックぐらいしかしない。
筆者の場合、上記に挙げた3点についてプレッシャーを与えると記事を投稿しなくなってしまうので、上記に3点は頑張りすぎないくらいがちょうど良いのだ。
完璧を求めない、それがブログ運用をうまくやっていくコツだ。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事