ブログの書くネタが無くなったときにすること

最近、ブログのネタが切れてきた。。そんな時にしたほうがいいことを取り上げてみる。

ネタがないときはネタを作る

ネタがないなら作ろうということで、ネタがないのは最近新たなことをしていないから書くことがないのである。そのため、新たなことをすればネタが出てくるということで、何か新しいことを始めましょう。それは、行ったことがない場所に行くでもいいし、やったことがないことをするでもいい。とにかく、自分の中で新鮮と感じられることに取り組んでみましょう。そうすると、自ずとネタが出てくると思う。

頭の中に思っていたことを書く

人間生きていく中で、頭の中になにかぱっと閃いて言葉には出さないまま、そのまま忘れていく事柄があると思う。そういった、普段思いついたことや思ったことをブログのネタとして書いていくのもいいだろう。深堀してみると意外と、ブログのネタとしては結構な分量を書けたりする。そのため、日ごろ自分の頭の中で思っていることをブログに吐き出してみよう。

ネタを閃くまで粘る

ネタが無いということは、書くネタをまだ閃いていないということだ。また、まだ書くネタ閃くほどブログに時間をさけていないということでもある。そういう時は、書くネタが出るまで考えてみよう。そうすると、苦し紛れではあるが、書くネタが見つかり記事を書くことができる。

ネタがなくなった時はネタ探しをする

どうしても書くネタがなくなった時は、一日ネタ探しに専念しよう。ネタがないときに無理やり書いた記事は、記事の内容が希薄になりがちで、いい記事が書けない。いいネタがあって、いい記事が書けるということで、いいネタができるまでは記事を書かずにネタ探しに奔走しよう。ネタ探しは1つで終わるのではなく、1日ネタ探しにあてて、複数ネタを仕入れておこう。本ブログはWordPressで構成されているが、投稿記事にタイトルだけ下書きで保存しておけば絶対にわすれないため、タイトルだけ入れて下書きにしておこう

以上、書くネタが無くなった時にすることについて取り上げてみた。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事