Google AdSenseとAmazonアソシエイトの広告配置を解説!広告配置の最適化について考える②モバイルサイト

前回、PCサイトを用いてGoogle AdSenseとAmazonアソシエイトの広告配置について解説したが、今回はモバイルサイトを用いて、広告配置について解説していく。PCサイトの広告配置については以下の記事を確認してほしい。

広告を配置してみた ブログトップページ

下の画像は、モバイルサイトのトップページだ。

前回同様、わかりやすいように、各広告に以下のように色を付けてみた。
色を参考にして広告を見比べてほしい。

  • 紫:レンタルサーバのXREA Freeプランを使用すると自動的に出てくる広告
  • 赤:Google AdSenseの広告
  • 青:Amazonアソシエイトの広告

トップページの一番上には、以下の広告が配置されている。

レンタルサーバーのXREA Freeプランを使用するとページの一番上に勝手に出てくる広告(紫枠)。
Google AdSenseのディスプレイ広告(赤枠)

PCサイトと比べると画面領域が狭いため、サイドバーに表示されていたAmazonアソシエイトのアフィリエイト広告は表示されなくなっている。

真ん中の画像上部には、Google AdSenseのアンカー広告が表示されている。アンカー広告とは、画面をスクロールしても追従してくる広告だ。Google AdSenseの自動広告を有効にすると表示される。

右の画像には、新着記事一覧が表示されているが、記事にまぎれてGoogle AdSenseのインフィード広告が表示されている。一見広告とわかりづらいため、クリックしてもらえる可能性がありそうだ。

PCサイトの時に説明し忘れたが、このインフィード広告は、新着記事の何番目に表示させるなど、広告を表示させる位置を指定可能だ。そのため、自分の思い通りに広告の表示位置を変更することができる。

真ん中の画像の画面下にあるのは、PCサイトでサイドバーに表示されていた、Amazonアソシエイトのアフィリエイト広告だ。モバイルサイトだとサイドバーはメインエリアの下に表示される。PCサイトだとサイドバーはスルーされてしまうかもしれないが、モバイルサイトだとがっつり画面に表示されるため、ユーザーに見てもらいやすい。

twitterやカテゴリのウィジェットを経由して、右の画像には、AmazonアソシエイトのサーチウィジェットとGoogle AdSenseのディスプレイ広告が表示されている。

以上、ブログトップページの広告表示を解説した。
自分的には、広告が多くもなく少なくもなくで、いいバランスで広告を配置したつもりだがいかがだっただろうか。
ぜひ、自分がブログに広告を配置するときの参考としてほしい。

広告を配置してみた ブログ記事

続いて、ブログ記事にも広告を載せているので紹介する。

ブログ記事も同様に画面一番上にはXREA Freeプランの広告が配置されている。

記事の上部中央の一番目を引くと思われる箇所に、Google AdSenseのディスプレイ広告を配置した。
そしてトップページ同様に少しスクロールするとアンカー広告も表示される。

右側の画像は、1つ目のH2タグ直前にAmazonアソシエイトのアフィリエイト広告を載せている。
こちらは、とくにモバイルサイト向けに設定しているわけではなく、PCサイトと共通の設定なので桐谷さんの著書がこの位置に表示されている。PCサイトだとAmazonアソシエイトのアフィリエイト広告が2つ表示されていたが、モバイルサイトだと1つしか表示されない。

そしてその下には、Google AdSenseのディスプレイ広告を入れている。
3つ目のH2タグ直前にも同じく、Google AdSenseのディスプレイ広告を入れている。

記事の下部には、Amazonアソシエイトのアフィリエイト広告とGoogle AdSenseのディスプレイ広告を入れている。

関連記事の下のところには、Amazonアソシエイトのアフィリエイト広告を1つ入れている。
こちらもPCサイトでは2つ表示されていたが、モバイルサイトでは1つしか表示されない。

おすすめの記事の下には、Amazonアソシエイトのアフィリエイト広告を入れている。
そして画面上は区切りがないが、PCサイトのサイドバーの部分がそのまま続き、Amazonアソシエイトのアフィリエイト広告が連続で表示されている。

twitterやカテゴリのウィジェットを経由し、AmazonアソシエイトのサーチウィジェットとGoogle AdSenseのディスプレイ広告が表示されている。

ちなみにアンカー広告は、右下の画像のように閉じたり開いたりすることができるため見づらかった閉じるといいだろう。

Google AdSenseの自動広告も併用!

自分である程度広告の位置を調整できるGoogle AdSenseのディスプレイ広告とAmazonアソシエイトのアフィリエイト広告とは別に、Google AdSenseの自動広告を導入している。自動広告を有効にすると、記事をタップして画面が移る際に画面中央に以下のような全画面広告が表示され、×や閉じるを押さないと、ブログの続きが閲覧できないようになっている。ユーザの使い勝手が悪くなるため、自動広告についてはこのまま使用し続けていくか悩んでいるところだ。自動広告を有効にすると、全画面広告のほかアンカー広告も有効にすることができる。

以上、本ブログの広告配置について解説してみました。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事