ピックアップ
時間は最大の資源

人生と仕事の位置づけ

人は何をするにしても時間が必要です。
食事をしたりお風呂に入ったり寝たり、仕事をしたり、遊んだり。
人は限られた自分の時間を使ってそれぞれの営みに時間を配分しています。
人は生きて行く上で最低限衣服住が必要ですからその分の必要な資源を確保しなければいけません。
必要な資源を確保する行為が、殆どの方では、"仕事"が、それにあたるでしょう。
限られた自分の時間を、生きるために必要な衣服住を確保するための行為が仕事なのです。
皆さんは、仕事にどれだけの時間を投資していますか?
今一度、自分の中での仕事の位置付けを見直してみたら、いかがでしょうか。

同じことを繰り返すのは容易だが、人生それでいいのか

人は同じことを繰り返したい生き物である。
例えば、家で動画を見ているとします。
動画は、30分の動画です。15分ぐらい経過した際に洗濯が完了し、洗濯機がピーピーなっています。
洗濯を干さなければなりません。
動画視聴を中断して、洗濯物を干さないといけないことを面倒に感じた事はないでしょうか。
人は一度何かを始めると同じことを繰り返したい性質を持っています。
これは、動画視聴の例だけに留まらず、いろんなことに当てはまります。
お仕事、住むところ、習い事、買い物行くところ、などなどあげるとキリがありません。
ずっと同じことを繰り返す人生、あなたはそれでいいのですか。今一度自分に問いかけてみてください。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事