労働収入だけでお金持ちになれない

労働では働いた分の対価がもらえる

ほとんどの方は働くことによって、その労働時間に応じて給料をもらっているのではないでしょうか?
仕事によってもらえる収入は人によって違いますが、世帯年収の中央値は450万円ほどだ。450万円だと、子供1人を大学まで進学させると結構ギリギリな生活となる。

そもそも労働で貰える収入は適切なのかということを考えると、経営者的には、従業員は会社の歯車で代わりがきき、会社が定めている業務を実行できる人であればだれでもいい。対価に対して文句を言う従業員がいたら代えてしまえばいい。そのため、従業員1人には生活していけるだけの対価を与えておき、過度な対価は与える必要はない。労働は基本的に自分が働くことによって付加価値を発生させ、付加価値を会社経由で差し引かれて、労働者に対価として払われる。そのため、そもそも労働者側は会社に搾取されること前提で労働に勤しむのだ。この前提は、認識を持っておいたほうがいい。

労働収入で稼いだお金を資産購入に充てよう

労働で得られる収入は、生かさず殺さずの生殺しの対価しか得られないことから、

”労働収入だけでお金持ちにはなれない”

ことが分かったが、ではどうすればいいのか。

”労働収入で稼いだお金を資産購入に充てよう”

資産を購入した場合、資産の額に応じて年率数パーセントの不労所得ができるため、不労所得で得た収入をさらに翌年違う資産に充てよう。そうすると、複利で増えていき、毎年不労所得が増えていく。
そう、お金を得るためには必ずしも働く必要はないのだ。

そのため、
お金を持っていること=お金を自動的に増やせる=お金持ち(働かなくていい)
ということで資産を持つことは、お金持ちになり、最終的には労働しなくていい状態を作成することが可能だ。

資本主義経済で成り立っているこの時代ではお金がものをいい、ほとんどのことはお金で解決できる。
お金持ちになって、労働しないでよくなるためには、今一度、自分の働き方について見直し、労働以外でお金を得る方法を考えてみてはいかがでしょうか?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事