健康と時間
人間何かをする時に衣服住と共に必要なのが、健康と時間だ。
健康でなければ手足が動かせないかもしれないし、時間がなければ何もできない。
そこで健康と時間について考えていく。

健康とは何か

まず、健康とは何かということだが心身ともに正常で病気も怪我もなく自分の意思を直接体に反映できる状態と定義する。
健康とは難しいもので、この世にある物体は例外なく劣化していくので、生物である人間は経年による劣化が発生する。
それは、関節痛かもしれないし、肝機能の低下かもしれない。人により様々だが、加齢によって健康が損なわれていく。これは、致し方ないのだ。

健康を保つためには

では、この貴重な健康を保つにはどうすればいいのか考えると、至ってシンプルで、栄養バランスの取れた食事、適切な運動、適切な睡眠だ。
これは、みんな認識できていると思うが、毎日実践できている人はそんなに多くないだろう。
ただ、栄養バランスの取れた食事、適切な運動、適切な睡眠、を実践しようとすると毎日相当な時間が必要となってしまう。
健康を保つためには、ある程度の時間が必要なのだ。
日頃から時間に追われている人は、健康を保つために回す時間がなく、段々と健康が損なわれていく。
気づいた時には、重大なことになっていたということになりかねない。
では、そういう時はどうすればいいのか。
他人の時間をもらいましょう。
他人の時間をもらうとはどういうことか説明する。
時間がない人はできる限り簡単に削減できることから、削っていくことが大事だ。
食事、運動、睡眠。
この中から、削減できそうなもの順で並べると、食事>運動>睡眠となりそうだ。
その中でも、食事に関しては、すぐに時間を減らすことが可能だ。
スーパー、コンビニであれば可能な限り弁当や惣菜を買う。外に出る時間さえなければ、デリバリーを頼む。
食事に関しては、食べる時間を削減すると健康に影響を及ぼしてくるが、作る時間については、十分削減可能だ。そういった本来自分でやらないといけないことを他人が時間をかけて作ったものに代金として支払う。
これが他人の時間をもらうということだ。このように時間をうまく作れない人は、他人の時間をもらうことによって、うまく時間を作って、最終的に健康的に過ごせるようになりましょう。
もし、削減できるところを削っていっても時間がない人は、そもそも労働しすぎなのでお仕事の見直しが必要ですね。
転職した時に気づいたが、その仕事自分でなくてよかったのだと、案外わかるものです。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事