【東村山中央公園】大きな広場で思いのまま遊べる。バードサンクチュアリでは多種多様な鳥が見られる(かも)

東村山中央公園を訪れたので紹介する。 東村山中央公園は、西武多摩湖線 八坂駅から、徒歩5分でこれる公園だ。筆者が訪れたのは、2021/11/21のことだった。

筆者は、近隣にある狭山公園を訪れた後に、東村山中央公園を訪れている。狭山公園の記事も読みたい方は以下の記事を見てほしい。

八坂駅から東村山中央公園までの経路

西武多摩湖線に降り立つ。西武多摩湖線八坂駅は、ホームが1つしかなくレールも1車線しかない。

筆者は、 東村山中央公園の南側から入ろうとしたが、八坂駅を出て目の前のファミマの左手にある遊歩道から公園の北側に入るのが、一番の近道だ。

もし、本記事を読んだ方は、北の遊歩道から公園を目指すといいだろう。

筆者はわざわざ遠回りして八坂駅から南側へ向かい公園を目指した。その途中電柱に何かの鳥がとまっていることに気づいた。天候が曇りだったため暗くて識別しにくいが、ムクドリだ。

電柱の上で群れて、縮こまっている。

ちなみに、東村山中央公園の南側から入ろうとして、Google Mapをなんとなく見ていくと、赤丸のところは繋がっていないため、注意が必要だ。 筆者は赤丸のところまで歩いて、引き返すことになったのは余談だ。

10分ほど歩くと、公園が見えてきた。

とりあえず、トイレをパシャリ。理由は後述する。

雑木林が広がる公園東側

無事に東村山中央公園に着くことができた。

園内図をパシャリ。

園内マップ

公園の南東側から公園を見ると、雑木林が広がっていた。

地面一帯に落ち葉が敷き詰められている。

公園内にはごみ箱はないようなので、ごみは持ち帰ろう(*^▽^*)

さきほどより古そうな公園案内図もパシャリ。

こういう説明書きが書いてある立て看板いいよねb( ´∀`)筆者は思わず撮ってしまう。

雑木林内には歩道が整備されており、歩きやすくなっている。

もちろん地面のざらしの場所もあり、何やらその辺で楽しんでいる人もいた。

この公園はランニングコースになっているようで走っている人も見かけられた。

コミュニティ用のセンターもある。

このあたりでは、ゲートボールを楽しんでいるご老人がいた。

広大な広場と色鮮やかなお花たち

そこを抜けると、広場に到着。この広場は相当大きい。
もし、200人ぐらいがこの広場を訪れても十分に広さは足りそうだ。

立て札を見ると、なにやらイベントも盛んに行われていそうだ。

公園にそって、西武多摩湖線のレールが敷かれている。

公園のすぐ脇を電車が走り抜けていく。

歩道の橋に花壇を発見(≧▽≦)

今は、12月中旬。ちょうど見ごろの時期に訪れることができたようだ。

色鮮やかな花を堪能することができた。

このあたりで、公園好きな筆者としては気づいていることがある。
この公園トイレが多いのだ。
だいたいどこの公園にもトイレは1つや2つはあるものだが、この公園そこそこ敷地が広いとはいえ、公園内にトイレが少なくとも6個はあった。思わずケータイのアプリにトイレが多いとメモしてしまうほどだ。
この公園では、トイレに困ることはないだろう。

家族連れで遊べる遊具コーナー

広場を抜けると、ブロックが敷き詰められた場所に出た。

公園内には時計がないことが多いので、時計があって助かる。気温も表示されているとは至れり尽くせりだ。

マイマイ池は、水は出ていなかった。残念。

タヌキのオブジェ発見(*´Д`)

ペンギンもいる(*´ω`)

遊具コーナーでは家族連れが楽しんでいた。

バスケットコートや、ストラックアウトもある。

この辺りで、テニスの打ち合いをしていた人もいた。

多種多様な鳥が観れるバードサンクチュアリ

ここから、先はバードサンクチュアリになっていて、雑木林になっている。雑木林部分には人が立ち入れないようにフェンスがかけられている。

この辺りは、歩道が円になっているからか、散歩している人やランニングしている人が多く見かけられた。野鳥撮影を行う場合は、注意したほうがよさそうだ。

バードサンクチュアリということもあって、筆者は野鳥撮影を開始した。
鳥っぽいのが撮れたが暗すぎて何かわからないままに飛んで行ってしまった(-_-メ)
野鳥撮影は、タイミングが難しい。

看板には、【スズメ・ツグミ・メジロ・コゲラ・ムクドリ・シジュウカラ・キジバト、オナガ・カワラヒワ・ヒヨドリ】が写っていた。この公園で見れるのだろうか?

バードサンクチュアリを歩いていく。

このあたりは、明らかに川っぽくなっているが、時期によっては水が流れているのだろうか?

バードサンクチュアリの途中にはベンチもある。疲れたら休憩するといいだろう。

先ほどの看板に加えて、【ツミ】も追加で写っていた。

あれ、、、もしかして。。

野鳥観察用ののぞき穴が出現した。こんなに広いのに人っ子一人いないのが多少気になる。

今までの看板に加えて、【アオジ・ルリビタキ・キセキレイ・エナガ・ジョウビタキ・カルガモ・アオゲラ・モズ・アオサギ】も追加で出てきた。看板に書かれている鳥がもし本当に出てくるのであれば、ものすごい種類の鳥が見れることになる。

のぞき穴をのぞいてみる。

のぞき穴の場所によって、いろんな角度で見ることができる。

残念ながら、今回はのぞき穴からは野鳥を見つけることができなかった。

むしろこれだけ木の背が高いとのぞき穴から見るより、直接木を眺めて野鳥を探したほうが早い気もする。

また、看板があった。

ワンちゃん用カップが置いてある(#^.^#)

この公園、園内マップが至る所にある。

今は、バードサンクチュアリ付近にいる。

残念ながら季節柄なのか、野鳥を見つけることができなかった。季節によっては、看板に書いてあったような野鳥を見つけることができたのだろうか。。キジバトはいたが、筆者の中ではハトとカラス、スズメは野鳥としてカウントしていない。

バードサンクチュアリを抜けると、自販機と公園事務所があった。

これは何だろうと覗くと、、

どんぐりが入っていた。何かの巣??なのだろうか。。

野鳥撮影は消化不良だったが、公園自体は堪能することができた。帰路につく。

帰りは、北の遊歩道から駅に向かうことにした。

都立狭山・境緑道という歩道らしい。

歩道の途中にあった踏切を超える。

あまりに歩きすぎてお腹が減ってきたため、駅前のファミマでカニクリームコロッケをペロリ。歩き疲れた後の食事は美味しい。

以上、東村山中央公園に行ってきたので紹介でした。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事