バイク③:いきなりむずくない?

上記記事の続きです。まだの方は、上記記事から参照ください。

バイク教習所での日々③:待ち構えるボス教習コース

4時限目以降にもなると、バイクに乗りなれてきており、バイクを倒してしまったりすることが少なくなってきている。走りに余裕ができてきており、徐々に自信が出てきていたころだった。

4時限からは、各教習コースを回るということで、指導員についていき、以下URLの画像内の右下の教習コースへと入っていた。

https://www.hds1958.com/training/course/

コース内容としては、以下の通りだ。

1本橋:体育で使用する平均台みたいなところをバイクで通り過ぎる教習

スラローム:1本線上に配置されたコーンの合間をS字で避けていく教習(一番ムズイ)

8の字:8の字に書かれたコースを足をつかずに8の字に描いて帰ってくる教習(2番目にムズイ)

波状路:小さい段差が8つくらい連なっている道を通り過ぎる教習

それぞれが全然違うテクニックを使用する教習のため、とりあえずお試しということで各教習コースを指導員の後について素通りした。もちろんこの時点では、1本橋から落ちるし、スラロームでコーンを薙ぎ払うし、8の字では転倒するもしくはコースオーバーするし、波状路では勢い足らずに転倒するもしくは一気に通過してしまうし、散々な感じだ。

最近走りに余裕が出てきたと思っていたが、無残にも自信を打ち砕かれてしまった。

バイクは走るだけであればいたって簡単であるが、バイクを完全に制御しようと思うと、すごく難しいものである。そもそも、このクラスの教習は、公道で活用する機会があるのだろうか。8の字と波状路は活用する機会があったとしても、1本橋とスラロームに関してはどういう機会で活用するんだ。暴走族にでもなれというのだろうか。

各教習の詳細な解説は、次回に続く

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事