公園巡り①:川口自然公園

筆者は、公園巡りを趣味としており、本記事から公園巡りと題して記事投稿していこうと思う。

自然あふれる公園

川口自然公園は、最寄り駅東川口駅から、川20のバスと徒歩合わせて21分で来られる自然公園だ。

公園の敷地は徒歩で10分も歩けば、敷地を歩き回れるほどの広さだ。

公園の中には池があり、釣りをしている人で賑わっている。
釣りをしている人たちは、50代以降の人が多かったイメージだ。
池は大きく二つに分かれており、釣りをしているところが半分、草が生い茂っているところが半分といった形だ。

この自然公園は、数多くの野鳥が見られ、以下のような野鳥が見られるようだ。
筆者が訪れた際は、声は遠くから聞こえるものの残念ながら野鳥を見ることはできなかった。

公園にはマムシが出るようで、公園の中に注意書きが書かれていた。
あと、この公園は道のわきからしきりにブーブー鳴き声が聞こえたが、あれは何だったのだろうか。
ヒキガエルだろうか。

筆者が訪れたのは、2021/6/13だったが、公園の一角には紫陽花が咲き誇っていた。
時期によっては、紫陽花を見に訪れるのもいいだろう。

この公園にはファミリー層で賑わっている遊具コーナーもあり、子供たちは遊具で楽しそうに遊んでいた。
開けた広場もあり、テントを張る人もいればレジャーシートを敷く人もいて、憩いの時間を楽しむこともできそうだ。子供連れにはすごくいい公園だと思う。

総合的に満足できる公園といっていいだろう。

以上、川口自然公園について紹介でした。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事