中古本に挟まってる栞

中古本を読んでいるとそれは突如として現れる。筆者は中古本をよく買うのだが、本を読み進めていくと何かかが本からはらりと落ちることがある。落ちたものを何かと見てみるとそれは大体栞かへそくりだったりする。

もちろん、栞かへそくりのどちらがいいかというとへそくりなのだが、栞も悪くない。中古本から落ちてくる栞は多種多様で、今まで落ちてきた栞が被ったことは一度もない。

本屋で無料でもらえる栞、市販されている栞、中には付箋やA4ノートを雑に切り取ったかけらだったりもする。

本を読んでいた人の個性が出るのが、中古本に挟まっている栞なのだ。

あなたも中古本に挟まっている栞を見つけては、その本をどのような人が読んでいたのか、想像してみてはいかがだろうか?

P.S. へそくりの場合はいつでも大歓迎ですよ。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事