断捨離して気持ちスッキリ

モノがたまっていく

人間生活していくと、自然と家の中にモノがたまってくる。

家の中にモノがたまってくると、押し入れに突っ込んだり、引き出しの中に押し込んだりして、一時的には落ち着くことができる。が、結局目に見えるところから、排除しただけで根本解決にはなっていない。

過去やっていた趣味のモノ、使えないペン、数世代前のゲーム機、もうやらないゲームソフト、読み終わった本。

こういったものは、年々徐々に増えていき、家の中に滞留していく。

視界に入っても、普段は見ないふりだ。

無駄なものは捨てる

自分の中でいらない思っているモノは、散り散りに置かれている可能性が高い。

なので、いったん家の中をすべて見てみよう。

押し入れの中、引き出しの中、机の上、棚の中、、、などなど。いったん意識的に視界に入れると、いかに自分の部屋にいらないモノがたくさんあることに気がつく。

いらないモノを認識すると、あとは捨てるだけだ。

散り散りになっていると、断捨離の全工程の何%進んでいるのかわからないので、まず、いらないモノは、可能な限り1か所にすべて纏めてしまおう。これでいらないモノの選別が終わりだ。

あとは、1か所に纏めたモノを、捨てる・売る・あげるなど、モノの性質に応じて、処分していくだけだ。

これだけで、断捨離が完了する。

断捨離をした後の部屋を見回すと、不思議と部屋がスカスカしている。すっきりだ。。。

ただ、断捨離は1回だけで終わりではない。

断捨離は、何回も繰り返し行うことにより、部屋が洗練されていく。筆者はこれからも断捨離を継続していく。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事