狭山公園での野鳥撮影【 #ヒヨドリ #カンムリカイツブリ #ホシハジロ #カラス】2021/11/21

野鳥撮影のために、狭山公園を訪れた。狭山公園は、多摩湖駅より徒歩3分の都立公園だ。

先日、光学65倍のCanon PowerShot SX70 HSを購入したため、本機で野鳥撮影を行っている。

狭山公園の立て札を見てみると、この辺一帯では【カワラヒワ・ヒヨドリ・ツグミ・シロハラ】などが見られるようだ。今回は、どんな鳥に出会えるだろうか。

ヒヨドリが生息する南の森

狭山公園は多摩湖線に沿って北南に土地が広がっている。その中でも南の森には、ヒヨドリが生息している。地図でいうと、この辺りだ。

手慣れないカメラでの撮影ということで多少の手振れやボケなどは許してほしい。

南の森の木の枝に何かとまっている。ヒヨドリだ。
木の枝にとまりきょろきょろしていた。すかさず、カメラを構えシャッターを切る。

数分間観察しているとこのヒヨドリは、どうやら木に空いた穴にしきりに訪れているようだ。

首を突っ込んだり出したりしているので、もしかしたら木の穴に雛がいるのかもしれない。

別の場所でも、ヒヨドリを発見。

なかなかピントが合わない(; ・`д・´)

ピントが合ったとおもったら、木の枝が一本手前に挟んで映ってしまう。野鳥撮影あるあるだ。

今度はヒヨドリを下から撮影。

ヒヨドリは、正面から見ると、青い頭と茶色い羽根が特徴的だが、下から見ると、茶色い羽根と白いお尻が特徴的だ。一見、正面から見た時と、下から見たときでは別の鳥に見えてしまう。

お尻がかわいい。

多摩湖に集まる水鳥たち

場所を移動して、多摩湖が見える位置に移動してきた。

多摩湖には数多くの水鳥が集まってくる。

多摩湖を堂々と泳いでいる水鳥がいた。カンムリカイツブリだ。

湖の上をゆっくり動いていた。

筆者はカイツブリは初めて見たので、名前を調べてカイツブリであることが分かった。

湖を泳ぐ姿がすごく凛々しい。

続いて、遠くの方から泳いでくる鳥がいた。

ホシハジロだ。

撮影していると、湖に潜ってしまった。これも野鳥撮影あるあるだ。

この辺りでは、ホシハジロが集団で休憩している。クビを体に折り曲げて寝ている。

その中で元気な一匹がいたので、この子を観察。

うん、美しい。

カラスもいた。

岸の浅いところで集団で水浴びをしていた。

今回は狭山公園で、【ヒヨドリ・カンムリカイツブリ・ホシハジロ・カラス】を見つけることができた。
時期によっては、もっと別の野鳥を観察することもできるかもしれない。もし機会があったら、別の季節にも訪れてみようと思う。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事