含み損は損切すべきかしないべきか
投資をしていく中で誰しも含み損を抱えた状態になったことはあるのではないか。
含み損とは、投資対象が自分の思った方向と逆の動きをして予期せぬ損失を被った状態のことだ。今時点では含み損だが決裁をしなければ損失は確定しない。そのため、損を確定させるか、それともずっと持ち続けるのか。多くの人が悩むだろう。
ずっと損を持ち越しして損切りしないことについて何パターンかに分けて考えていく。

その損失はずっと状態が変わらないのか

まず考えることは、今は損失を抱えているがその損失はこの先ずっと状態が変わらないのかという点だ。
この先の状況を見据えてもし好転する見込みがあるのであれば、今は損失を抱えていても耐え忍んでやり過ごすことができる。
まずは、この点について今一度自分の状況を、冷静に見つめ直してみよう。

損失を抱えた状態で得られるものはあるか

次に考えることは、損失を抱えている資産を保有していることで定期的に得られるものがあるか確認しよう。たとえば、株式投資だと配当金や株主優待、FXであればスワップポイントなど資産を持っているだけで定期的にインカムゲインが得られるか調べてみよう。もし、インカムゲインが定期的に得られるようであれば、短期的には損しているかもしれないが長期的に見ると、インカムゲインを貰いつつ資産の価値が回復するのを待つこともできる。定期的にインカムゲインが得られるか確認してみよう。

損切りした方がいいパターン

逆を言えば定期的にインカムゲインも得られず、将来的に回復の見込みが全くない資産は持っていても損失を先延ばしにするだけだ。そのため、そういう資産については勉強代だと思って思い切って損切りした方がいい。そして、何が悪かったのかを自分なりに振り返って今後同じことが発生しないように気をつけるしかない。
ただ、投資をしている以上は利益が保証されているわけではないので、必ず誰しも含み損を抱えることがある。そのため、いかに含み損を抱えないようにするか、含み損を抱えた場合損切りした方がいいのか、保持したほうがいいのか、計画性を持った投資を行っていこう。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事