楽天証券の取引手数料が無料になる!手数料コースを見直そう

筆者は楽天証券にて現物株の取引を行っているが、最近株主優待投資を始めたこともあり、株の売買回数が多くなってきた。その中で、株関連の書籍から、楽天証券の手数料コースによっては、取引手数料が無料になるとの情報を得た。本記事では、楽天証券で取引手数料を無料にする方法について取り上げる。

手数料コースの変更方法

手数料コースを変更するには、楽天証券にログインし、「お客様情報の設定・変更」-「各商品に関する設定」-「手数料コースの確認・変更」をクリックする。

そうすると、現在の手数料コースを確認することができる。今は、「超割」の手数料コースとなっている。

超割の手数料コースでは以下の手数料がかかる。株の売買の取引金額に応じて、段階的に手数料を取られることとなる。今回、少額の株の売買で手数料を取られたくないため、これを「いちにち定額」の手数料コースに変更する。

手数料コースは、1日単位で変更することが可能だ。そのため、大量に小型株を買う日はいちにち定額にし、反対に金額が大きい取引をする日は、超割にしておくなど、柔軟に使い分けすることができる。

変更履歴で手数料コースを変更した履歴を見ることができる。超割の手数料コースでは、10万円を超える取引では、115円の手数料がかかっていた。

手数料コースの変更後は?

手数料コースをいちにち定額に変えた後の手数料を見てみる。見てみたところ、100万円までは、手数料が0円となっている。一方100万円以上の取引については、一気に2,200円手数料を取られるため、100万円を超える取引をたくさんする方は、超割の方がお得だ。自身がどのような取引をすることが多いか振り返った上でどちらの手数料コースにすべきか考えてみよう。

いちにち定額に変更したあと、10万円を超える取引では、手数料が0円になっていた。少額の株式の売買では手数料が取られなくなったため、これから気軽に売買することができるようになった。

以上、本記事では楽天証券の手数料コースについて取り上げてみた。一度、楽天証券の手数料コースについて見直してみてはいかがだろうか?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事