楽天証券のお気に入り銘柄はどう管理すればいいの? iSPEED+マーケットスピード II編

本記事では、iPhoneのアプリであるiSPEEDと、パソコンのソフトであるマーケットスピードⅡで、お気に入り銘柄を管理する方法について記載していく。

筆者は、マーケットスピードⅡを開いて常に相場を見れる環境にはないので、iSPEEDを中心としたモバイル環境でのお気に入り銘柄の管理方法を記載していく。

お気に入り機能を使用しよう

楽天証券で株式投資をする場合に気に入った銘柄を管理する場合は、iSPEEDに搭載されたお気に入り機能を使用するのがお勧めだ。
iSPEEDのお気に入りとは、自身が気に入った銘柄をお気に入りページにて管理することができる機能だ。

用途はその人次第だが、筆者の場合はお気に入りに買いたいと思っている銘柄を入れておいて、後日このお気に入りの中の銘柄から購入するようにしている。

ノートなどに自分で銘柄情報をメモするのもいいが、やはりアプリ内で完結したほうが使い勝手がいいため、筆者の場合はこの機能を重宝している。

では詳しくお気に入り機能について説明していく。

お気に入り機能の操作方法をマスターしよう

下の画像は、iSPEEDのお気に入り機能の画像だ。
右上の画像の画面右上に★マークがついているが、これはすでにお気に入りに入っているということを示している。
★マークをタップしてみると、ほとんどのお気に入りが「30件→31件」と1件増えているが、「株主優待購入予定1」のみ「97件→97件」となっていることがわかる。
そのため、ビックカメラの銘柄については、「株主優待購入予定1」にお気に入りとして登録されていることがわかる。
よく、お気に入りに入れたがどこのページに入れたかわからなくなるため、この確認方法は非常に重要なので覚えておいてほしい。

東急建設の銘柄情報を見ると、ビックカメラでは★マークだったところ、☆マークとなっている。これはまだお気に入りに登録されていないという状態だ。「お気に入り登録ページ選択」では、どのページでも1件増えていることがわかる。この操作によって、お気に入りに登録しているか、お気に入りに登録している場合どこのページに登録しているかを確認することができる。
覚えておいてほしい。

お気に入りの表示方法を変えよう(iSPEED)

お気に入りページは、5種類の表示方法から選択できる(画像は、以下の順番にて並んでいる)。

  • リスト
  • タイル小
  • タイル大
  • チャート
  • チャートペア

そのため、自分の好みにてある程度表示方法をカスタマイズすることができる。
筆者は、「チャート」の表示方法が好みなため、チャートにしている。

お気に入りから不要な銘柄を削除しよう

お気に入りを運用していくと、もうこの銘柄は購入したからお気に入りから削除しようといったパターンが出てくる。
iSPEEDのアプリからは、個別銘柄の★マークをタップするだけでは削除できない。
★マークをタップすると、先ほど同様に「株主優待購入予定1」だけが件数が増えていないので、「株主優待購入予定1」のページにお気に入り登録されていることがわかる。

そのため、「株主優待購入予定1」のページに移動する。
左上の画像の画面右上の鉛筆マークをタップし、削除したい銘柄をチェックし、画面下にある削除ボタンをタップし銘柄を削除する。

iSPEEDから登録したお気に入り銘柄をマーケットスピード IIで利用する

iSPEEDでお気に入りに登録した銘柄は、マーケットスピード IIにも連携されている。
登録銘柄情報を見るとiSPEEDで登録したお気に入り銘柄を確認することができる。

  • 登録銘柄 - マーケットスピードⅡで登録した銘柄
  • お気に入り - iSPEEDおよびマーケットスピードⅡでお気に入り登録した銘柄

お気に入り機能のほうが、iSPEEDとマーケットスピードⅡ両方で使用できるため、筆者は基本登録銘柄機能は使用せず、お気に入り機能しか使用しないようにしている。

お気に入り機能は、マーケットスピードⅡの各画面より利用することができる。
以下は、個別銘柄でお気に入りを確認している画面だ。

ここで捕捉だが、お気に入り機能は10ページあり各ページ100件まで登録することができる。
つまり、お気に入り機能は計1000件までしか登録できないので、登録数に制限があることを認識しておくといいだろう。

マーケットスピードⅡのザラバ7で、お気に入り銘柄のチャートをまとめて確認しよう

筆者がマーケットスピードⅡで最も利用している画面がある。
それは、ザラバ7画面だ。

この画面では、お気に入りに登録した銘柄のチャートをまとめて確認することが可能だ。

表示方法は以下から選択し、状況に応じて確認したい情報を選択できる。

  • 市況
  • 1分足
  • 3分足
  • 5分足
  • 日足
  • 週足
  • 月足

以下の画像は、市況、5分足、月足の順に並べている。

iSPEEDではここまでの情報を一覧にして確認することは不可能なので、お気に入りに登録している銘柄情報をまとめて確認したい場合はマーケットスピードⅡのザラバ7画面を使用するといいだろう。
用途に応じて、iSPEEDとマーケットスピードⅡを使い分けていくのが筆者のおすすめだ。

本記事では、iSPEEDとマーケットスピードⅡでのお気に入り銘柄の管理方法について記載してきた。
楽天証券ユーザの役に少しでも立てれば幸いです。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事