株主優待株を買うときにしていること

最近、株主優待投資に興味を持ち始め株主優待の内容を調べているのだが、株主優待株を買う際に実施していることに焦点を置いて記事を書いていく。

株主優待を調べるには

株主優待を調べる方法はたくさんあるが調べ方によって、見える情報が違ってくる。

株主優待を調べるには、主に以下の方法がある。

  • 各証券会社の株主優待検索(口座開設の必要あり)
  • 各投資情報サイトの株主優待情報

筆者は証券会社に口座を持っているが、基本的にはみんかぶ(https://minkabu.jp/yutai)で確認している。なぜこちらのページで確認しているかというと、配当+株主優待の総利回りでランキング形式で確認できるからだ。証券会社の株主優待検索の場合総利回りで表示することができず、自分で配当と株主優待の利回りを足して計算しなければならない。筆者はそういう細かい仕事が好きではないため、あらかじめ計算されているほうがありがたい。

株主優待で買う銘柄の選別

筆者は株主優待の内容だけを見て投資することはあまりない。やはり投資として資金を投じる以上は、それなりのリターンがないと割に合わない。そのため株主優待の内容は考慮しつつも、配当+株主優待の総利回りを重視して購入する。

株主優待を買う条件は、単純明快。割安な銘柄を買うことにしている。
具体的な方法を以下に記載する。

  • 配当+株主優待の利回りが高い銘柄をお気に入り登録する。
  • お気に入り登録した銘柄のチャートを10年月足にして、直近10年間で現在の株価が割安なのかを確認する(楽天証券のMARKET SPEEDⅡのザラバ7画面で割安株のチャートを確認)
  • 最低投資金額を確認し、手持ちの資金が足りていれば株主優待銘柄を買う

このようにして、割安な銘柄のみ買うようにしている。
機会があれば、読者の方も株主優待の内容をぜひ検索してみてほしい。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事