割安の高配当銘柄分散投資が狙い目!卵は一つのカゴに盛るな

最近、筆者は株主優待投資を始めた。株主優待銘柄を選ぶ上で、配当金と株主優待のセットで総利回り4%以上の銘柄を中心に買い集めている。株主優待がある銘柄を中心に調べていたが、インカムゲインがあればなにも株主優待にこだわらずに配当金だけでいいじゃないかということで、株式投資の高配当銘柄投資について考えてみた。

高配当銘柄投資のリスクについて考える

高配当銘柄投資を行うにあたり、配当金狙いでの投資のリスクについて考える必要がある。
まず、配当金については、1株当たり何円という風に各企業の株主総会・取締役会などで決定される。
企業の決算状況によっては、配当金が減配されたりなくなったりする可能性がある。
そのため、配当利回りが現状高いからと言って、将来もずっと配当利回りが高い状態が続くとは限らないことを念頭に置く必要がある。
また、配当利回りが悪くなると今まで配当目的で株を購入していた人が売ってしまい、株価が下がってしまうダブルパンチにもなりかねない。そのため、1つの高配当銘柄に集中して資金を投入することはお勧めできない。

最適解は割安の高配当銘柄の分散投資?

そこで、筆者は割安の高配当銘柄に目を付けた。
株価は割安になると配当利回りがよくなる。なぜこういうことになるかというと、1株あたりの株価が下がったにも関わらず配当金がそのまま維持された場合、株を購入した金額が少ないにもかかわらず配当金は従来通りの金額でもらえるため、利回りがよくなるのだ。
筆者はこういう銘柄に目をつけて、高配当銘柄投資を行うことと決めた。
また、先ほど記載したが減配されたり配当金がなくなったりする可能性があるため、1つの銘柄に集中投資するのではなく割安の高配当銘柄に分散投資すれば、配当金がなくなり株価が下落してもリスクを分散することができる。また、もともと株価が割安な銘柄のため、下落する余地がそこまで大きくなく下落幅も限定的になるだろう。卵は一つのカゴに盛るなの名言に従い、割安の高配当銘柄の分散投資を行う。

しばらくこの方針で進めていき、結果が出てきたら再度レポートする。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事