含み損の場合のメンタルについて

含み損が発生する要因とは

投資を行う場合、買ったり売ったりしてポジションを持ち、将来上がったり下がったりする中で、利益を得て自身の資産を増やしていくことが誰しもの目標となると思います。

ただその中で、必ずしもどのタイミングでも利益を得られているとは限りません。ポジションを持った後に自身の思惑とは反対方向に値動きが発生した場合、含み損を発生させてしまいます。

投資とは、利益を上げるために行うものであるため、一定のタイミングにおいては、本来の思惑とは違う状態が発生してしまいます。

では、本来の思惑と違う方向に値動きが発生した場合、どのような対応を行ったらいいのでしょうか。

本ページでは主にメンタル面について解説していきます。

含み損が発生した場合の対応

思わぬ値動きにより損失が発生した場合、たいていの人は、精神的に落ち込みます。上がると思っていた株価が予想を反して、反対側に値動きした場合、多少なりとも精神的にダメージを追ってしまいます。値動きが激しいほど、精神的ダメージは増加し、落ち込んでしまいます。では、想定外の値動きが発生した場合、どのように対処したらよいでしょうか。

1つ目は、想定外の値動きが発生した場合は、逆指値で損切ラインを設定しておくことです。損切ラインを設定しておくことにより、想定外の値動きが発生した場合にも、損失を最小限にすることが可能です。

損失が最小限であれば、精神的ダメージを軽減することができ、次の投資に繋げることができます。

2つ目は、想定外の値動きが発生した場合、取引のレンジを変えることです。通常デイトレードなどの短期トレードが中心で短期的に大幅な損失を抱えた場合は、短期的な資金回収は諦め、スウィングトレードや長期投資にシフトして、損失を最小化することが最善でしょう。その場合、潤沢な資金を用意する必要がありますが、少なくとも倒産でもしない限りトレードがマイナス収支のまま終わることは稀でしょう。

含み損の場合は、自身のトレード手法を変えることも考慮しながら、気軽にトレードしていくことをお勧めします。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事