【株主優待】ハリーポッターに出てきそう!三菱総合研究所の招待券で東洋文庫ミュージアムに行ってきた

三菱総合研究所の株主優待で、東洋文庫ミュージアムの無料ご招待券をもらったので行ってきた。

株主優待が届いた時の記事は、こちら

東洋文庫ミュージアムに到着!

東洋文庫ミュージアムにやってきた。

建物はこんな感じでクリーム色の四角い建物。

東洋文庫ミュージアムの無料ご招待券を携えて入口へ向かう。

入ってすぐのところには、受付とグッズショップがあった。

受付で無料ご招待券を渡すと、コロナ禍ということもあってか、名前などを記入して入館。

入館中はこちらのシールを胸かバッグに貼っておいてくださいとのこと。シールには東洋文庫の東のロゴマークがプリントされている。

東洋文庫ミュージアムの館内マップ

館内マップを見てみると、1階と2階があって、1階はホール。2階は展示室になっていることがわかる。

入ってすぐのオリエントホールは広々としたスペースとなっている。

ショーウィンドウには、過去に行った企画展示の資料がずらりと並んでいた。

ひと通り見た後、2階に上がる。

ハリーポッターみたいな書庫キタァ・:*+.\(( °ω° ))/.:+

2階は1階と打って変わって、暗くて厳粛な雰囲気が流れている。

中でもこのモリソン書庫はハリーポッターの世界に迷い込んだかの如く、幻想的な空間。

この空間の雰囲気を感じるためだけでも、ここに来る価値はあると思う。

2階は企画物が展示されていた。

いろんな時代の古い本が展示されている。

筆者はあまり古い本について詳しくないが、解体新書など聞き馴染みのある本も展示されていた。

展示室と展示室を繋ぐ廊下に差し掛かると、なんとも幻想的空間が。回顧の道というらしい。

左側にはイラストチックな展示が置かれていた。

筆者は古い本が好きというわけではないが、雰囲気を楽しめる場所だと感じた。

東洋文庫ミュージアム併設のオリエントカフェ

東洋文庫ミュージアムにはオリエントカフェというカフェが併設されている。

オリエントカフェのメニューをペタリ。

パンフレットにお店の中の様子が載せられていた。

もし展示を見て足が疲れたらカフェを利用してみてはいかがだろうか。

以上、三菱総合研究所の株主優待で、東洋文庫ミュージアムに行ってきたので、紹介しました。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事