小金持ちになるためにお金持ちになる必要がある

小金持ちになるには、5000万円ほど必要らしい

最近、株主優待について調べていて、日頃の生活を豊かにするために、株主優待はすごく有用な手段だと思い始めている。
ただ、株主優待で有名な桐谷さん曰く、5000万円はないと株主優待生活を満喫するのは厳しいということで、筆者の資産では足りない。
株主優待で小金持ちを満喫するには、まずお金持ちにならないといけないということか。

小金持ちになるには、分散投資より集中投資

一般庶民がお金持ちになるためには、工夫が必要だ。
投資は、広く分散投資するのが、いいと言われているが、そのような投資では、相当の期間をかけないとお金持ちになる事は厳しい。広く分散投資してうまくいって利回り5%で考えても、資産を2倍にするには、15年ほどかかる。
原資がどれだけかは、人それぞれだが、15年で2倍ということは、お金持ちになるのはまず無理であろう。そうなると、まずは、ものすごく値上がりが期待される何かに集中投資して、一発当てるしかない。
一発当てて、5000万円〜1億円ほど貯めてから、株主優待などの小金持ち生活に入るのがいいのではないか。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事