楽天証券のiSPEED先物アプリで日経225ミニ先物取引を行ってみた

日経225ミニ先物取引編

本記事では、楽天証券のiSPEED先物アプリで、日経225ミニ先物取引を行っていく。

楽天証券には、日経225平均株価を原資産とした先物取引が2種類ある。

225先物と225ミニの2種類だ。

225先物は、1枚あたり1000倍、225ミニは、1枚あたり100倍で取引が行われる。

225先物のほうは1枚あたり87万円ぐらい、225ミニのほうは1枚あたり8万7千円ぐらいの証拠金が必要だ。

先物取引については、以下の記事で解説をしているため、先に以下の記事を読むことを推奨する。

日経225ミニ先物取引の売り注文を実施

iSPEED先物OPアプリを起動する。

今回の取引は、「日経225ミニ 20-09」ものの限月で、売りから入り買戻しを行う。板を見ると、22520円付近で、売買が行われている。

取引最終日は、2020/09/10になっている。証拠金は、1枚当たり87000円だ。

では、新規注文を行う。

売りから入るため、売建を選ぶ。板を見てみると、22510円で買い注文があるため、22510円で売建を行う。

注文内容を確認し注文する。ちょっと残念なのは、株式投資のiSPEEDアプリと違い、約定代金と手数料の概算が表示されない。これは、自分で計算しろということなのか。注文の間違いにもつながるため、表示してほしかった。最悪、この点を理由に別の業者に変更してしまうかもしれない。

注文後、状況を見てみると、即時約定していた。

約定照会を見てみると、2,251,000円で約定していると、手数料が35円、税金が3円かかっている。建玉の金額と比較すると手数料と税金は株式投資より安いように思える。

買戻し注文を実施

では、ここからは、買戻し注文を行う。

板を見てみると、22,385円で売り注文が出ていたため、22,385円で買戻し注文を行う。

買戻し注文の時も、約定の概算料金、損益、手数料が表示されない。これは、すごくもやっとする。少なくとも、損益ぐらいは表示してほしい。

まだ、買戻し注文が成立していないので、建玉照会を見てみると、22,390円で評価され、12,000円ほどの利益が出ていることが確認できる。

少し時間を置いて待っていると、約定されていた。手数料は、売り注文の際と同じぐらいの料金だ。

ブル・ベアETFを買うぐらいだったら、先物取引で指数取引したほうが手数料が安いのでは。

今後ブル・ベアETFの活用の頻度は下がるかもしれない。

約定後口座の情報を見ていると、12,424円の利益が発生していた。

2,251,000円(売り)→2,238,538円(買い)で、売りから入って買戻しで利益を上げた形だ。

今回は、225ミニ(日経225ミニ)で先物取引を行う流れをお見せした。

注文の際、概算が表示されないこと以外は、違和感なく取引を行うことができた。

ベア・ブルETFの長期保持だと資産が目減りしていくが、先物取引の場合は長期保持でも目減りしないため、今後筆者は、指数取引は先物取引をメインにしていこうと思う。

先物取引をこれから行いたい方の一助となれば幸いです。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事