日本銀行③:通貨の発行体としての役割

日本銀行券の発行について

日本銀行は、日本銀行法および関連法律・法令に従い、通貨として日本銀行券を発行しています。

貨幣については、政府が発行しており、日本銀行に製造済の貨幣を交付することになっています。

なお、法律上の定義では、通貨=日本銀行券(1000円札)で、貨幣=コイン(10円玉など)となっています。

通貨の単位及び貨幣の発行等に関する法律

(通貨の額面価格の単位等)

第二条 通貨の額面価格の単位は円とし、その額面価格は一円の整数倍とする。
2 一円未満の金額の計算単位は、銭及び厘とする。この場合において、銭は円の百分の一をいい、厘は銭の十分の一をいう。
3 第一項に規定する通貨とは、貨幣及び日本銀行法(平成九年法律第八十九号)第四十六条第一項の規定により日本銀行が発行する銀行券をいう。

(貨幣の製造及び発行)
第四条 貨幣の製造及び発行の権能は、政府に属する。
2 財務大臣は、貨幣の製造に関する事務を、独立行政法人造幣局(以下「造幣局」という。)に行わせる。
3 貨幣の発行は、財務大臣の定めるところにより、日本銀行に製造済の貨幣を交付することにより行う。
4 財務大臣が造幣局に対し支払う貨幣の製造代金は、貨幣の製造原価等を勘案して算定する。
(貨幣の種類)
第五条 貨幣の種類は、五百円、百円、五十円、十円、五円及び一円の六種類とする。
2 国家的な記念事業として閣議の決定を経て発行する貨幣の種類は、前項に規定する貨幣の種類のほか、一万円、五千円及び千円の三種類とする。
3 前項に規定する国家的な記念事業として発行する貨幣(以下この項及び第十条第一項において「記念貨幣」という。)の発行枚数は、記念貨幣ごとに政令で定める。

https://elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search/lsg0500/detail?lawId=362AC0000000042

日本銀行法

(日本銀行券の発行)
第四十六条 日本銀行は、銀行券を発行する。
2 前項の規定により日本銀行が発行する銀行券(以下「日本銀行券」という。)は、法貨として無制限に通用する。
(日本銀行券の種類及び様式)
第四十七条 日本銀行券の種類は、政令で定める。
2 日本銀行券の様式は、財務大臣が定め、これを公示する。

https://www.boj.or.jp/announcements/education/oshiete/kess/i08.htm/

新様式の日本銀行券の発行について
このたび、壱万円、五千円及び千円の日本銀行券について、新しい様式を定め、平成16年11月1日から発行を開始することとし、平成16年8月13日に日本銀行法第47条第2項に基づき、告示する。
なお、現在流通している壱万円券、五千円券及び千円券は、新しい日本銀行券の発行後も従来どおり通用する。

https://www.mof.go.jp/currency/bill/issued/kk160810.htm

通貨の製造について

通貨の製造については、独立行政法人国立印刷局にて行っています。なお、通貨での支払い時には、何枚使って支払っても受け取りを拒否できない強制通用力が付与されています。

日本銀行法では、日本銀行は、銀行券を発行すると定めています。銀行券は、独立行政法人国立印刷局によって製造され、日本銀行が製造費用を支払って引き取ります。そして、日本銀行の取引先金融機関が日本銀行に保有している当座預金を引き出し、銀行券を受け取ることによって、世の中に送り出されます。この時点で、銀行券が発行されたことになります。
銀行券は、さまざまな資金の受払いに利用可能な決済手段であり、特に小口資金のための受払いの手段として広く利用されています。銀行券には、銀行券を用いて支払いを行った場合、相手がその受取りを拒絶できないという、法貨としての強制通用力が法律により付与されています。
現在、日本銀行は、一万円券、五千円券、二千円券、千円券の4種類の日本銀行券を発行しています。

https://www.boj.or.jp/note_tfjgs/note/outline/index.htm/

貨幣の取り扱いについて

貨幣については、政府が発行し日本銀行に交付された後、当座預金口座を介して、民間金融機関に送り出されています。

貨幣は、日本銀行ではなく、政府が発行しています。貨幣は、独立行政法人造幣局が製造した後、日本銀行へ交付されますが、この時点で貨幣が発行されたことになります。
貨幣も銀行券と同様に、日本銀行の取引先金融機関が日本銀行に保有している当座預金を引き出すことを通じて、世の中に送り出されます。

https://www.boj.or.jp/note_tfjgs/note/outline/index.htm/

補足として、貨幣については、独立行政法人造幣局で作成しています。

なお、貨幣の支払い時には、額面価格の20倍までしか強制通用力がないので、あまりに多くの貨幣を使いたい場合は、注意しよう。財務省のFAQを見てみると、受け取り側の了解が得られれば、何枚でも大丈夫のようです。

現在造幣局で製造している通常の貨幣は、500円ニッケル黄銅貨幣、100円白銅貨幣、50円白銅貨幣、10円青銅貨幣、5円黄銅貨幣、1円アルミニウム貨幣の6種類です。
また、通常貨幣のほか、国民の要望にこたえ、時に応じて記念貨幣を製造しています。

https://www.mint.go.jp/operations/production/production_kahei/operations_coin_presently-minted.html

通貨の単位及び貨幣の発行等に関する法律

(法貨としての通用限度)
第七条 貨幣は、額面価格の二十倍までを限り、法貨として通用する。

https://elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search/lsg0500/detail?lawId=362AC0000000042

お金には使用できる枚数の制限があるのですか
【答】
日本銀行券(いわゆる紙幣、お札)は、「日本銀行法」第46条第2項で「無制限に通用する」と規定されています。
一方、貨幣(いわゆる硬貨)は、「通貨の単位及び貨幣の発行等に関する法律」第7条で「額面価格の20倍まで」を限度として通用することと規定されています。つまり、20枚までは貨幣による支払いが行っても良いということです。
これは、貨幣は、小額な取引きに適しているものの、あまりに多くの数が使用された場合、保管や計算などに手間を要し、社会通念上、不便となることから、上限を設けています。
ただし、取引の相手方の了解が得られるならば、それを妨げるものではありません。

https://www.mof.go.jp/faq/currency/07ab.htm

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事