証券会社のターゲット層は?

様々なターゲット層

証券会社は、様々な市場を開拓し、厳しい金融業界でしのぎを削っています。

各証券会社は、それぞれ特色をもち得意とする分野で事業を運営しています。

本ページでは、証券会社のターゲット層について解説していきます。

証券会社の中核事業、リテール

証券会社の中でも、中核の業務と言えるのが、リテール業務になります。

リテール業務は個人向けの営業形態になります。リテールでは、証券窓口での個人向けの証券取引を始めとし、最近ではインターネットを介した、ネット取引もリテールの1つと言えます。

リテール担当者は、投資家個人の投資への考えや悩みを聞き、最適な金融商品を提案します。

企業の頼れる存在、ホールセール

リテールが個人向けの業務に対し、ホールセールは法人向けの営業形態になります。ホールセールは、様々な業務があり、それぞれの分野で異なる業務をしています。

投資銀行業務

投資銀行業務では、M&A(企業買収)や、株式・債権の発行に関する業務を行います。M&Aでは、買収時の交渉代行や、企業価値の計算などを行い顧客にアドバイスを行います。株式・債権の発行では、発行時の各手続を行い、企業の資金調達に協力します。

マーケティング(セールス)

マーケティング業務では、企業の担当者を対象に金融商品の販売を行います。投資のアドバイスを行うという点では、リテールと似ている面があります。

ストラクチャリング

ストラクチャリング業務では、株式や債券をパッケージにした新たな金融派生商品(デリバティブ)の開発を行っています。金融派生商品の開発にあたっては金融工学で培った複雑な数式を用いて商品を開発しています。

ディーリング

ディーリング業務では、証券会社の自己資金を基に、証券や債券などを自身で売買し利益を得る業務です。証券会社では、マネージャーの統率の元、トレーダーが売買を行います。トレーダー間では熾烈な競争が繰り広げられています。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事