草コイン分散投資法のススメ

仮想通貨分散投資法

筆者は、2019年頃から仮想通貨取引を開始している。
いまや、ビットコインや有名なアルトコインはある程度成熟した交換レートで推移しており、割高感が出てきている。そのため、2021年5月現在から、ビットコインや有名なアルトコインに手を出すことは、あまり賢い選択ではないと考えている。

筆者は、仮想通貨に対する取り組みの開始が遅かったため戦法を考え、確実に増えそうな策をとった。
それは、草コイン分散投資法だ。

草コイン分散投資法を用いる理由

この方法をとった理由としては、いくつか理由があるが、

1点目としては、ビットコインや有名なアルトコインが5年~10年ぐらいの短期的に数十倍~数百倍になることはないと思うこと。

2点目としては、草コインであれば、まだ伸びしろがあり、数十倍~数百倍の値上がりが期待できるかもしれないこと。

が理由に挙げられる。どちらも根拠はないが、過去の仮想通貨のトレンドをみると、こういう結論になった。草コインを分散投資しておけば、草コインの急騰で利益も上げられるし、長期的にビットコインや有名なアルトコインの価値が上がれば、それに伴い草コインの価値も同時に上がると考えられる。そのため、ビットコインや有名なアルトコインで保持しているより、草コインを分散投資していれば、お金持ちになる可能性もあるし、長期的に見れば、着実に資産が増えていくことになる。

草コイン分散投資法の成績

筆者は、この分散投資で、元手20万円が2021/5現在のレートだと、130万円程度まで増えている。
これは、2020年中ごろに起きたビットコインの急騰によるものだが、当時は草コインで保持していた。
草コインで保持していたとしても、ビットコインの上昇に伴い、草コインの価値も上昇するので、問題ないのだ。

筆者は、海外の仮想通貨業者に資産があるため、まだ日本円に利確したことは一度もないが、最終的には日本円への換金を含めた取り組みを考えたいと思う。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事